スポーツ

加古川キタ━━(゚∀゚)━━!!

 地元の加古川北高校が、甲子園キターーー!
 春の選抜甲子園で、なんと8強のこった!
 さっきの準々決勝戦で、日大三高(東京かよ)に負けちゃったけどさ。

 いま実家の加古川(兵庫県)にいるから、力を入れて見てしまったbaseballhappy02
 北高(通称)って、実家から一番近い高校なんだよ。
 公立で、学力もそれなりに高い、田んぼの中を自転車で通う、庶民的な高校なのだよ。
 あたしらが高校進学するころは、野球といえば滝川第二か東洋大付(どっちも私立)が強いと言われていたのに。

 その北高が、何年か前に1回甲子園出て、
「まぐれやろ」
 的な感じやったのに、最近では強くなったらしく、なんと春の選抜に選ばれるまでになってしまった。
 北高の前を通ると、グラウンドには、応援のため集まったような車がギッシリ並び、
 新聞にも『加古川北高、甲子園!』のチラシが入り、
 いつも通る道路にも『加古川北高校、春の選抜甲子園出場!』の看板が立ち、
 加古川駅前にも『加古川北甲子園』の旗が道路にはためいた。
「ええ監督が来て強くなったんかな」
 と思ってたら、

 テレビで監督見たら
 めっちゃかっこいい…!shine
 とお母さんと大盛り上がり。なんていうの、おじさんなんだけど、超精悍で、頭の切れそうな、野球の監督顔! って感じ。あたしが前いた会社の、野球部の監督さんみたいな感じ!(知らんか)
 この人が加古川の野球部員を育てたんか~、と、感無量でガン見。

 しかし、応援していると、ピッチャーの井上君というのが、孤軍奮闘している感じ。この子の力が大きいチームなのか。
 なんせ今日の日大三高戦では、素人のあたしから見ても、守備がザルのようだった……。も、もっと普通、しっかり捕れない?sweat01 元会社の野球部が上手かったから、目が肥えたんかなぁ(^-^;

 つーかやっぱ私立で、全国野球男子のお山の大将集めてる高校は、そりゃ強いわ。
 日大三高なんて、みんなギュギュッと筋肉ひき詰まった、巨大柱みたいなドーンとした体してて、オッサン並みの貫禄で強烈なオーラ放ってて、スイングめっちゃ強くて鋭くて、いかにも
「絶対打ちますから!!」
 って感じやったもん。
 前、ピッチャー経験者から聞いた話だと、のちにメジャーリーグいった松井カズオと、少年野球のころ対戦した時は、
「どこ投げても打たれる」
 と思ったらしいけど、
 今日の北高 対 日大三 見てても、まさにそんな感じ。
 どこ投げても打たれそう。。相手オッサン対こっち子供やから!!; 体のつくりから違った……。日大三高は野球寮があって、24時間野球体制で、体作って、爆裂打球習得させて、こんなサイボーグ軍団を作っとるんや! きっとそうや!
 と思った……。

 ひきかえ加古川北高の野球部員の可愛いこと。
 フツーにチャリで学校行って、授業中もじゃれたり寝たりして、放課後は遅くまで部活がんばってそーーな、クラスのそのへんにいそうな男子たち。
 サイボーグ相手によくがんばったよ。2勝もして、8強になるなんて、まさに加古川の一般市民の星だよ☆

 つくづく、日本は野球英才大国なんやなぁと思った。
 野球サイボーグ育成組織が、地方や学校や会社に、全国でいくつあることか。
 野球なんてお金のかかるスポーツが、ここまでできるなんて、日本はやっぱり経済大国ね。
 いま東北から日本全体が未曾有の震災におそわれて、大変なことになっているけど、甲子園は、野球がさかんな全国の、球児たちの純粋な夢だから、やっぱりやって良かったよね。

 小学生のころ、阪神大震災におそわれた時、あたしは合唱部で、対戦相手に被災から復興してきた神戸市の合唱部があった。
 その学校は、どこよりもパワフルで深くてキレイに響く声で、とうとう全国大会でも1番になって、日本中にその力強い歌声を響かせた。
 野球も次やその次やその次……の甲子園は、東北にがんばってほしいな、と思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツ進化論

 いつもお昼時に配られる広告で、面白いものがあった。

 究極の変わりダネスポーツ
 『エクストリーム・アイロニング』

Photo_2     

   

   

   

   

   

   

 社員食堂に生命保険売りにくるお姉さんが、いつも自社PRの広告を置いていくのだが、いつも見向かないそれが、今回妙に目についた。

 97年に英国で発祥したスポーツらしい。
 すごい高い山の頂上でジャンプしながらとか、滝に打たれながらとか、水族館の水槽の中でスキューバしながら、アイロンがけをする。
 山の頂へ、水の中へ。アイロン片手にどこまでも。
 山頂に立った時の達成感と、しわを伸ばす瞬間の清々しさが一つになった、最高の気分を味わえるそう。
 色んな写真を見ると、ものすごい場所にがんばって行って、しかるのちにアイロンがけをしている。

 …てか、ホンマか? ヤラセちゃうんか? ホンマなんかウソなんか、わからん。
 なぜアイロンがけなのか、すごく謎だ。
 ってか、そんなんもう何でもあり、何でもできるじゃないか。
 たとえば……

 どんな場所でも、メモするスポーツ。
 そうだな、仮に『エクストリーム・メモリング』と命名しよう。 
 山の頂へ、水の中へ。メモ帳片手にどこまでも。

 ロッククライミングしながらメモる。海を泳ぎながらメモる。
 しかもそのメモ内容は、その衝撃の瞬間を鮮明に記録し、後々までいきいきと息づかせる内容でなければならない。
 昔、無人島に何か1つだけ持ってくとしたら何にするかと聞かれて、迷いなく「メモ帳」と答えた。経験は全てのネタである。
 無人島で火を起こしながら、その状況で感じたことをメモる。山中で熊に遭遇したら、その瞬間をメモる。熊にやられて倒れたら、その意識が遠のき三途の川を渡って、また帰ってきたところを、起きた瞬間、かたわらのメモ帳にメモる。(寝ていてもインスピレーションが来たら飛び起きてメモするのは基本行為である)
 何と体を張ったスポーツだ。

 ってか、いちいちメモ帳を持っていかなくても、ほんとはいつも、心の中に「メモ帳」はあるのだ。
 仕事なんかで衝撃の体験をしている時も、バレーボールのラリーが続いてものすごく集中してる時も。頭の中のメモ帳に、メモ内容をものすごい計算で取捨選択しながら、最高の表現を書き込んでいる。
 料理を作って鶏肉を切っている時も、パソコンに向かって座ってる時も……。

 てゆーかもうスポーツじゃないじゃん。
 進化は退化と共に起こるのね。

 それより、さっき取り込んだ洗濯物が、まだそこに転がってるんだけど。
 あたしがアイロンをかけても、そこまでアイロンがけに情熱を注いでいるスポーツマンの方が、明らかに上手いだろう。
 何せ熱さが違いますから。
 ……しょーもないこと書いてないで、明日着るシャツのアイロンでもかけるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーガの心

 こさっぺはヨーガもしている。
 ヨガではなくヨーガ。

 なぜならば、スピリチュアルに秘められた夢幻の力や、高い精神性の修得、不思議な世界に興味があるから。

  ・
  ・ 
 ま、痩せるため? リラックスするため、ってのもあるけど。
 新社会人生活のストレスで太った贅肉を消し去りたい。運動も本来好きだからやりたかったし。

 毎週月曜日の夜。そのヨガ教室では、マッチョなカコイイお兄さんがいる、という訳では全然なく、優しいお母さん世代のおばちゃんたち、イヤお姉さん方がいらっしゃるのだ。
 女ばっかだし、カッコとかも気を遣わなくていいから、かな~り癒される。ゆったりとした運動に、先生の心ほぐす声。しかもヨーガをした後は、お茶をしながらみんなで雑談タイムがあり、その輪の中で私は年齢層の壁を越え、すんなり溶け込んでいる。(と思う)
 やっぱり癒しは必要だ。1個人同士として魂が触れ合うような心の交流。人の輪の繋がりの中で。

 そんな今日、私はダイエットの極意を掴んだ。
 先生が、教えてくれたのだ。お菓子などをガーッと食べてしまうのは、ストレスによる自律神経の乱れだと。
 そう、私はストレスで辛かったのだ。女性陣は細いじゃーんとか言ってくれるけど!
 1人でも解ってくれる人がいると、なんて嬉しい奇跡だと思う。自分自身を解ってくれる人間なんて世の中の1割にも満たないんだろうから。。
 そんな嬉しい言葉と共に、先生はそのメカニズムまで教えてくれた。
 食べ物をガーッと食べる時、人間は退化した、生理的欲求に走る動物なのだ。理性のない。
 そこでアジニャーチャクラを働かせる。

 説明しよう、チャクラとは・・・
 人体に存在する生体エネルギーで、体の中枢を流れる7色の光の奔流である。
 アジニャーチャクラとはその第6のチャクラで、理性をつかさどる。
 眉間に位置する第3の目。その叡智と繋がる目が開く時、青い光を放ち、世界を客観視すると共に直感を働かせる。
 というのがヨーガの教えである。非常に有り難い。
 欲望に走りそうになった時、フッと、視点を遠くに飛ばし・・・
 つまり自分の中の“神の視点”になって、上空から自分を見つめよ、とのことだ。

 そうすれば、冷静に自分の姿を知ることになる。眼下にいるのはなんて醜い白ブタなんだ! ってね。
 しかも先生は更に、お菓子と一触即発の危機に迫った場合の、究極の奥のテを教えてくれた。

 お菓子を食べたくなったら、“太陽礼拝”というヨガのポーズをしろと。
 それも毎回。誘惑が襲うごとに。
 このポーズは、一連の動作になっていて、数ある姿勢を連続してやるとかなりキツい。

 これで間違いなしsign01
 もう出来るはず! ダイエット。先生の有力な後押しがあるから。
 他人による力添えは強い。独りじゃ出来ないことも、パァンと弾けるようにスイッチが入って走り出せちゃう。だからまず1週間、お菓子を食べようとしたら太陽礼拝をして頑張るんだ。

 

 でも教室後、今日も開かれたお茶会で、私は先生にお菓子を手渡された。
 みんながお茶と話に花咲かせる中、エッ、では太陽礼拝をやらなければ・・・ と顔を覗き込むと、先生はニッコリ笑って言った。
「こ、れ、は、いいのよ」
                        ・・・・・・ヨーガの道は長く厳しい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)