« 悪霊退散ッ! | トップページ | スペシャル産駒が! »

馬る。

 最近マンガを描いてる。

     
   

   Umanga

   

 馬の登場シーンにめっちゃ力入る。馬愛。

 1コマ目のモチーフは左から、キングヘイロー、(マキバオーの)カスケード、愛するスペシャルウィーク、ナリタトップロード。右にいくほど後で描いたからほんのり上達したり。

 体力なさすぎてあんま外出れないからひきこもって描くしかない。

 なんで小説やなくてマンガやねん、というと、絵も上達したいから。

 そして歴女! になったので、我が家の家系をめぐる物語を描いて、先祖が血でつないでくれた命の大切さ(?)を再認識したいと思ったから。
 紆余曲折あったので、戦国の世を人間不信に陥りながらもどん底からはいあがり強く生き抜く主人公(宇喜多直家さま)にシンクロしたいから。

 など理由はいろいろあるわけですが……
 今の自分にしか描けないもの! と選択したらこれになった。

 だからなんで「描く」ねん、というと。。

 

 まず大前提として主張したいのは、

 会社員になるには才能が必要だということ。

 OL時代、仕事がデキる と言われていた女の子が言っていた。

「銀行員の仕事って、やれば誰でもできる仕事だと思うんだよね。」shine

 耳を疑う驚きだった。

 いやいやいや、誰でもできませんから!
 それ才能だから!

 物事を数字で処理し、誰でもいい仕事を機械的にこなし、毎日決められた同じ時間に出社し、時にはトップの寵と美を争って女のバトルを繰りひろげ、人の和を保つためにみんなと同じ普通であることができる。
 あたしとかその才能、破滅的になくて死にかけたからね! ?
 未だに体調悪くて、病治らず人間不信気味だからね!?
 ちなみに一番好きだった仕事、映像編集室に1人でとじこもって、延々と地味な制作作業する仕事だからね!
 いっかい社内広告用のイラスト描いて持ってった時に、やさしい理事のおじさんに、
「きみ何でこんな所にいるの?」   って本気で不思議がられて、自分でもわかりませんって思ったからね。
  それでもたまに本気で感動してくれる人もいて、それは嬉しかったなあ。

 そう、例えば人が「イラストレーターになりたい」とか言うと、
 会社員の彼らは「そんなの才能と運とかなりの努力がないと難しいよ」
 とまず思うでしょう。

 違うから!

 会社員でいることこそ、才能と運とかなりの努力がないと無理だから!
 すさまじく尊敬に値する、神の所業だから! まじで天才だと思う。

 そしてあたしにとっては、地獄に通じる死の道だから(T-T)
 イラストレーターとかは生死の境をさまようほど大変じゃないから! ちょっとの絵心と努力と営業する気があればなれるから! 量さえ描けば稼げるから。

 まあ、これはどこにいても常に浮いてる私が言うてることですが。
 社会不適合な、和をもって貴しと全くなさない人間のセリフですが。

 結論を言うてしまうと、人間には向き不向きがあるという。。
 こないだ見た図書館の本に、
『マンガ家やイラストレーターは会社員に向きまっせーん! フリーでお仕事たのみま~す☆』
 ってめっちゃ明るく書いてあった。勇気を得た。

 とりあえず人に合わせようとし過ぎると病になることがわかった。
 そしてどん底までいくと、本当に大切な人がわかる、ということもわかった( ̄3 ̄;)本当に大切な人以外の言葉って、無視してもいいんだねtulip
 そんなわけで、社会に全く適合せんで生きていく(接遇は別。思いやりは持ちたいよね)スキルを身につけようかと。

 だからもう描くしかない。
 

 

|

« 悪霊退散ッ! | トップページ | スペシャル産駒が! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

 おや、久しぶりじゃん。おかえりなさい(笑)。
 人間には、平均的に何でもそこそこできる代わりにズバ抜けた才能がないパターンと、何か一つズバ抜けた才能が有りながら他はさっぱりというパターンの2種類に分類されるらしい。
 後者のパターンである私たちは圧倒的に少数派で、世の中の多くの方々には理解されないのだよ。
 そして人間は、自分ができることは大した才能がなくてもできると軽く考えている。私は単著が5冊あるので、「本なんてちょっと努力すれば、だれでも書けるでしょ」って思っているけど、おそらく一般の理解は得られないだろう。その代わり、出来ないことも一杯ある。
 同じように、イラストが簡単で、銀行業務が果てしなく困難という こさっぺサンの実感も世の中の理解は得られないと思う。
 しかし、人間は他人と違うからこそ価値があるのだ。一般人が簡単にできることに難があっても、他人ができない特技を伸ばしていけばよいのだ。そして、他人と違う自分を楽しめばよいのだ。
 戦国武将や維新の志士も、自分の苦手なことに背を向けて、乱世を楽しんでいたから、大きな業績を残して、今もなお支持されているんじゃないかと思うのだ。
 都合の悪いことは忘れて、もっと楽しもう。

投稿: 歩く寛政譜 | 2012年7月21日 (土) 18時26分

生き返りました(^-^)/

いやー、人生の危機というものに初めて(?)ぶつかりました。

いまはOLとしては一度死んでぶっ壊れた自分を、全く新しく組み立て直し中です。

もう、ほんとに、人のできないことをして生きていくしかないです。
普通の人であらなければというコンプレックスを全力で持ったこと自体が間違いでした(~_~;)
個性と特技が自分にあったことすら忘れかけてました。

もう革命的に生きます。天下とりにいきます。信長の野望です。
自分らしくないと生きられませんよね。

やっぱ物書きの言葉は違いますね。身に沁みます。ありがとうございます(ノ_<。)

投稿: こさっぺ | 2012年7月22日 (日) 18時42分

いえ「物書き」じゃ、ありません。
サラリーマンです(笑)。
出版した書籍も小説とかじゃなくて、専門書、新書です。

投稿: 歩く寛政譜 | 2012年7月24日 (火) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528074/46376725

この記事へのトラックバック一覧です: 馬る。:

« 悪霊退散ッ! | トップページ | スペシャル産駒が! »