« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

開 放 感 っ!

 今私に必要なものは、開 放 感 っ! なのだわ~。

 やっとブログ書くほどの元気が戻ってきた。
 寝込んでる間何してるかというと、名作映画さん見たり、コバルド受賞作の本読んだりしてた。
 でも回復しない。
 何かこう、押さえつけられてる感じ。
 気持ち悪い毒が、胸のあたりに溜まって、呪いのように渦巻いている感覚。
 長い風邪のように体は熱をもって、きつく苦しく私をさいなむ。
 自己表現できずに、第五チャクラの喉まわりに、鬱々としたものが溜まって、社会との齟齬を感じて自己嫌悪に陥る。
 医者はこれを『プチうつ』という。
 なんのことはない、鬱が治っていく過程なんだってさ。

 私は一般常識など持つ気すらなく、だから社会的なことに自信がないため、まわりの意見をそのまま受け入れなければと思ってしまいがちなのが、その原因だ。
 もともと違う存在を、受け入れようとして、拒絶反応を起こす。
「そんなの全然気にせんでいいって~」
 なんて、強い子によく言われる。
 うーん、そうね、他人のことばっか考えずに、自分のためにみんな生きてるもんねぇ。
 この、他人の気持ちがわかりたいと思いつつ、共感しすぎて意識のっとられるほどの『気にしー癖』がイカンのだわ…!
 そうだっ、自分のために生きようと決めたではないかっ。
 他人は他人、私は私。社会の常識なんてどうでもいいと思ってる、それが私だもんね。
 生き方を強要する組織は無視、他人の言うことは参考程度にとどめる。でないと『私』が死にかけて悲鳴をあげてしまう。
 それで健康や生活、すなわち生命にかかわる危機に何度もぶち当たったのだ。うぬぬ、これは大事な教訓だぞ。。

 と、ゆー原因が判明した時点で、問題は半分解決している。(って誰の言葉だっけ?)
 今私に必要なのは開放感っ!
 人生は自由で、豊かで、それぞれの生き方がある。自分の人生は自分のために生きねばだわっsign01
 うん。もう少し大阪でがんばる元気でてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SFおじさんもちつく

今日SFで短編デビューしてるおじさん(通称ニワトリおじさん)と話した。

落ち着く。。

地元近いし(関係ない)。絵も描くとか言ってるし(オドロキ)。

やっぱSF畑の人の方が感性合うのかもしれん。
眉村卓先生も好きだし…。
ハッ、もしかしてファンタジーでなく、SF書くべき!?
SF大会とか行くべき!?
岡田のトッシーもおもろくて好きだ。(注:岡田斗司夫先生。たぶんSF大会の創始者)

いやいや、科学苦手やから無理やな。
思考回路は魔法でできてるし。
でも実は、小学生のころ初めて(?)書いた長編小説はめっちゃSF。(詳しい人には絶対見せられない。しかも挿し絵つき)

うん、でも色々読もう。
尊敬しますよ何かそーゆー機械知識。

いまだにフォトショップの使い方ようわからん(ノ><)ノ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

突然の 風にふかれて 川端康成

Photo
やっと動けるようになったので、川端康成文学館へ行ってみた。

JR茨木駅に着くと、すぐ建物があるのかと思ったら、結構歩く;

文学館までは、川端通りという道があるのだけど、これがまた気持ちいい。

Photo_4

木々に心が浄化される。
やっぱ自然って偉大だ。

Photo_3

文学館はひっそりとした佇まい。
入ってみると……

うん……心が、澄みわたるね。

   

久々に『伊豆の踊子』読んだんだけど、純文ってやっぱ凄いね!
昔はタルい青春語りぐらいにしか思えなかったのが、歳をへて経験積むと変わるもんで、
も、文章の表現力が、ぅWにゥg∀pおo☆Rpぷ∞ぁ!!
文彩の美しさはまさに芸術品っ……!
スンバラシイ〜♪ ね(*^∀^*)

図書館に川端本借りにいこう。
これからしばらくは、時代小説と純文にハマるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひつじさんの枕とフトンで沈黙生活

ま〜じ〜で〜しんどい〜〜。

また風邪ひきまちた。頭痛はもう治ったけど。

無理して飲み会とか参加した後は、だいたい体こわすか、最悪なことが起きる(つまり、いいことあったことがない)

酒も、タバコも、夜更かしも、ついでに宴会場の空気も苦手だからな。。
いやそれだけでない何か……悪霊に憑かれた気さえする。

また、体が悲鳴をあげている。
会社の時も、これを無視して、他人の意見を優先しすぎて、体をこわすまで頑張った。
嫌すぎて泣けてくるくらい自分に向かない、生理的に受け付けないことは、ほんまにやめた方がいいね。反省。
もっと体を大切にせねばっ(>_<)
自分に合うやり方がいちばんっ!

やっと起き上がれるようになったので、HDに録っといた映画『羊たちの沈黙』みてる。
なかなかおもろい。
変態の描き方がステキ。

体しんどい時は、できることが限られてくる。

段階最悪(0)で寝込み。
(1)やっと起き上がれるぐらいだと、テレビ見るか、こうしてケータイで毒出しブログを書く(笑)
(2)も少し力出ると、本よめる。あとはテレビゲーム内で冒険して精神活性化。
(3)も少し元気になると、落書きができる。軽いデッサン練習とか。のろのろ家事。
(4)もっと元気になると、なんと外出ができる!
でも近所まで。健康のためにウォーキング。
家にいる時は、作品が描けるようになる!
(5)ほんで、無理しすぎてふりだし(寝込み)に戻る、というくり返し……。

無理するのをやめたらいいんよね。
いちおうまだウトゥな療養生活中なのを自覚します。
自分にできるように、やっていこう〜(^,^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »