« 私の戦争疑似体験 | トップページ | ひつじさんの枕とフトンで沈黙生活 »

形式と魂

 こさっぺは小説を書いていた。
 けっこう昔のネタで、サッサと終わらせようと思い、小手先で書いていたのだけど……。

 何か違う。

 と思って、書ききれずに、昔のメモをあさっていると、まあすんごいお宝メモが出てきた。

 それは、もう主人公のキャラになりきっていて、熱い心情を吐露している、しかもあらゆる場面が鮮やかに頭に浮かんでいて、その中を生きた感覚すらある(大げさ)、
 そんな言葉の羅列だった。

 このメモを書いた時は、明らかにキャラが私の中で生きている状態だったのだわっ、と痛感した。
 で、今小手先の形式だけで書ききろうとしていることの、何ておバカなことか、と思い知った。_| ̄|○

 物語を書くときは、小手先の形式・技術とともに、あふれるパッション・魂が不可欠なのね。
 魂がないと、何も書けない。
 やっぱり、物語を書くときは、招魂の儀式shineが必要だと思うの。
 つまり、自分がよりましになって、キャラの魂を呼び寄せて、自分を通して言葉や行動で表現させる。
 と同時に、神とつながる視点をもって、キャラたちや世界をあやつっていく。
 この感覚がある時は、(全てこれでいい!)と確信できるし、上からエネルギーがどんどん流れてきて、疲れるどころか活性化してくる。
 これが神降りてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!現象なんだと思う。
 その時受けた真実に、間違いはない。(表現する時の技術は、間違うかもしれないけどw)
「ただ書け」とはよく言うけど、つまり、
「お前の魂見せてみんかいゴルァ( ゚д゚メ)」って言ったほうがいいかもheart02
 魂さえ見れれば、その人の深さや思想がわかるしね(恐)

 物語の神様は、信じたモン勝ちね。
(ええもう、好きなようにやっちゃってください)と思うと、
(マジで?by神)とばかりに、暴れまわってくれる。

 小手先で、技術的にいくら上手に書けても、
「魂が入っとらん! こんなもん、いくら書いても意味ない」と、宮崎駿監督が息子に言ってたように、
 な~~んにも、描けていないんだなぁと思う。

 まあ、その魂を表現できるだけの、技術も必要なんですケドね。
 むはーヽ(`Д´)ノてにをはコノヤロ!!

|

« 私の戦争疑似体験 | トップページ | ひつじさんの枕とフトンで沈黙生活 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

うーん。私は技術重視の方ですねぇ。

だって、この前サッカー選手(松田直樹)が急死して、その所属チームが「弔い合戦」になぜ勝てなかったのか。
いっくら「気合い」があっても、技術力がなかったらダメだってことだと思わない?

やたら「気合いと根性」を強調するのは、『少年ジャンプ』が作った「悪しき日本の風潮」だと思うのだ。
技術力があれば、気合いがなくてもどうにかなる。
気合いがあっても、技術力がなければどうにもならない。
どうも日本では、逆に考えられている。
困ったことだと思う。


投稿: 歩く寛政譜 | 2011年8月26日 (金) 23時03分

>歩く寛政譜さん
揚げ足とりですけど。ご存知のとおり、『 少年ジャンプ』のモットーは、〈友情・努力・勝利〉ですよね。
そのうちの〈努力〉のみを取り上げても、『気合いと根性』とは相容れないとは思います。ジャンプ連載陣がそのモットーを体現できていなかったというなら、話は別ですれども。少なくとも僕は、『ドラゴンボール』の悟空の修行の仕方に、〈努力〉を学んだ一人です。
中学生以降、ジャンプも全く読んでませんし、スポーツも全く見ない人間の意見ですけど、少々乱暴な見解なんではないかな、と思ったので……。ましてやそれを日本の風潮にまで拡大させるのは、ちょっと受け入れがたいかなと。
割って入った形で、すんません。

投稿: ノワキ | 2011年8月27日 (土) 12時30分

あ、あとどうして出し抜けに『少々ジャンプ』が出てきたのかも疑問です。サッカー報道に関連しているんでしょうか?
荒らしてたら申し訳ない。

投稿: ノワキ | 2011年8月27日 (土) 12時34分

ちょっと私の表現が乱暴だったようですね。
申し訳ない。

特に「少年ジャンプ」についての記述は私の誤解です。そんなに詳しい方ではないので。
なまかじりで物事を語ってはいけないということですね。
大変申し訳ございません。

でも、ネットってこわいですね。皆さん気を付けましょう。

投稿: 歩く寛政譜 | 2011年8月27日 (土) 16時35分

うおっ!?
いつの間にか、ノワキさんと歩く寛政譜さんがバトっている(笑)
いいんじゃないですか〜どっちでも〜(・∀・)←適当
意見はどんどん主張していきまShow。
ちなみにあたしは、技術と精神、どっちも大事派ですけど。

ジャンプ漫画は、最近『銀魂』くらいしか見てません。
ちなみに『ぬらりひょんの孫』を描いてる作者は、私が大学で入っていた“小池(カズオ)ゼミ”の先輩らしいですよ。
精進しまひょう。。

投稿: こさっぺ | 2011年8月27日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528074/41353178

この記事へのトラックバック一覧です: 形式と魂:

« 私の戦争疑似体験 | トップページ | ひつじさんの枕とフトンで沈黙生活 »