« 2009年8月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年4月

肉体美フェチ

 あたしってカラダフェチなの。
     (※注 これはイタズラのエロサイトリンクの書き込みではありません。本気の本文です)

 とはよく言ったもので、こさっぺは前々から筋肉フェチとして、人や馬の筋肉しなやかな肉体に、惚れ惚れ見とれてきたものだ。
 ああ、あの走る馬の、極限状態まで見事に鍛えられた筋肉の揺れ…
 ギリシャ彫刻などに見られる筋骨隆々とした肉体は、歴史の教科書にのっている「ダビデ像」を臆面もなく、穴があくほど見まくった思い出がある。
 そして恐れもなく言おう、
     エロス は 美shineである、と…

 ハァheart01 肉体美って、いいよね~heart04

 最近、人物デッサンを基礎からやり直そうと考えて、とりあえず好きな歌手のPVからラフスケッチをおこしている。

 絵が上手くなりたい。
 人間の体を、違和感なく描けるようになりたい。
 ただそれだけの、純粋な、ピュアな思いで描いているのだ。

 そんなある時、会社の人事関係の部署から、「絵の仕事」を頼まれた。
 オーダーは、ストレスやセクハラに悩む人のイラスト、を2~3枚。

 セクハラのイラストなど、その場面を描くことさえ気分の悪い、イヤなものだと思いつつも、とりかかった。
 一応構図の原案はもらっていて、『中年の上司が、水着の女性のポスターを貼っているのを、若い女子職員が「ゲゲッ」という顔で見つめる』というもの。
 まったく、若い女子の立場としては、見たくもないものなのに、としぶしぶ描いていると…

 描いているうちに、わきあがってくるこだわり。
 ああ、この胸のライン、おっぱいは、やわらかくふくらんでいなければならないのよ! こう、この質感よ!!
 腰のラインから、股間にかけて、ここはそう、思わず引き寄せて抱きたくなるようなラインで!!
 
裸の体っていうのは、美しさで人を惹きつけるためにあるのよ!
 という絶対的な確信が、私を支配した。

 ハッと我に返ると、なんとも肉体美を追求しようとした絵が、そこにはあった…(いや、大したことないんだけど…)

Photo
 そしてこれは、めでたく「職場のストレスやセクハラに悩む人用ポスター」に採用されました。

   

 まあ、開き直って言うと、
 イヤ、だってね、コレ見てちょ↓(youtube動画。いまだに直接ブログに貼れない)
http://www.youtube.com/watch?v=EVBsypHzF3U
おまけに↓
http://www.youtube.com/watch?v=qrO4YZeyl0I&feature=related

 これ見たら「エロ絵心」刺激されるのは、私だけ
 
いや、お前も思うハズだ。
 ビヨンセのおっぱいはスゴいと。
 そして股間からお尻、脚にかけてのラインはガガの方がキレイだと。
 そしてエロスは美しいと!
 日本女性も、清純派とか、ロリータっぽく可愛い子ぶってないで、もっとエロス美を追求すればいいのに、って、

 思わない…かい?(´・ω・`;)オロオロ

   

P.S.
 今度また、うちの会社の野球部の子たちの応援に行くのだけど、野球やってる彼らのお尻はイイね! なぜだか非常にプリッとしている。なぜだろう… なぜあんなにもプリケツ。。
 鍛え上げられているというのは、それだけで張り詰めた美しさがあるね!
 別にお尻見るのだけが楽しみで応援行くわけじゃないよ!(言い訳)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年6月 »