« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

さくら咲く乱歌

 こさっぺは昔から、桜が大好き。

 春、欄満に咲き誇って、壮烈な風景に圧倒されるし、宝石がいっぱいついてるみたいな、輝くみたいな花色がキレイだし、生命の強い力を感じるし、舞い散る潔さがちょっと切ないし、その様が風雅だし。

 でもってこの時期は、桜に関する名歌がいっぱい出るよね。
 なぜか青春を感じて、胸がいっぱいになる、センチメンタリズム。
 そんなわけでここに作ってみました。名付けて『桜歌集』(例によってYoutube)。
  

cherryblossom花は桜、君は美し (いきものがかり)
http://www.youtube.com/watch?v=Cb3asIjqMNo

cherryblossomSakura (いきものがかり)
http://www.youtube.com/watch?v=dDNTqOqCoyA

cherryblossomさくら (高野健一)
http://www.youtube.com/watch?v=hDZyMOY6KrM

cherryblossomさくら (ケツメイシ)
http://www.youtube.com/watch?v=aUtQOUe3Q3k

cherryblossomさくら(独唱) (森山直太郎)
http://www.youtube.com/watch?v=qQeigIshyiI 

cherryblossom桜 (河口恭吾)
http://www.youtube.com/watch?v=dXH-RAclz1M

cherryblossomサクラ色 (アンジェラ・アキ)
http://www.youtube.com/watch?v=ibr1rd15Tis

cherryblossomSAKURAドロップス (宇多田ヒカル)
http://www.youtube.com/watch?v=697xSO2ZlAw

cherryblossomさくら満開 (モー娘。)
http://www.youtube.com/watch?v=3elwlhqHVR0

cherryblossomさくら さくら
http://www.youtube.com/watch?v=9zI9ECb5h0s

 男の人のんがいい歌多いけど、女の人の方が共感できるかな。   
  
 今年こそ、吉野の桜を見に行く! 断じて見に行く! (テスト前だけど)
 そして太閤秀吉や、吉野下りをした大海人皇子・持統女帝の気分になるのだ!
 でもって桜の木の下で桜餅を食べながら、お煎茶を頂く。。コレだな(*^∀^*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仮想現実の貴方へ

拝啓
 早春の候、如何お過ごしですか。
 突然こんなお手紙を出して驚かれましたか。失礼をお許しください。
 この度は、優に百枚を超える大作を読ませて頂いて、ありがとうございます。
 貴方が精魂込めて、人生を賭けて書かれたものだと、感じられました。

 ただ、私の感じたことをお話しする前に、一つだけ、忘れないでください。
 私はただ貴方のことを、幸福を、ためを思っています。
 貴方となら、性差を越えた親友になれるって、半ば本気で信じているのですよ。
 やっと見つけた大切な仲間だと。
 だからどうか、傷つかないで。心を静めて。
 この先を読み進めてください。

 まずこの作品は、目次の、用語の羅列に特徴があるのではないでしょうか。
 物語の起承転結は本来、長さの違う波のように流れていくもの。それをこのように浮き出させると、構成の粗をわざわざわからせてしまうでしょう。プロの方の目にはきっと。
 格好をつけた幼さというのでしょうか、新人には向かない方法かと思います。

 文章にも、『 』 が多用されていたり、カタカナや――が多かったり、うざい、とかスルー、とかドン引き、などの表現が若く感じられます。また、伏線についての説明が出たり、サイヤ人やマトリックスなどの、作品内における著作権法の無意識も、少し幼稚に思われそうです。応募する賞に合っているのでしょうか。

 あと、第二部になって、最初の展開が少々重たく感じます。よくわからないことをくどくどと説明されると、興味を失いかけてしまいます。

 高木と唯の設定には無理があるかと思います。
 貴方の仕掛けは、どこかまだ崩れがありますね。

 補足として、私の身の回りの人が少し読んだ意見を、併せて書いておきます。
 機械の説明から、熟語、独特の言い回しに、難しさと拒絶反応を感じるようです。
 無理と敬遠されたり、面白さを感じられないようです。
 ある人は、感情よりも情報で書かれている、なので読むのがしんどい、
 気持ちを惹き込む何かが欲しい、と言います。
 全て女性の感想ですけれど。
 言うなれば、女の好きな全く意味のない話、とは裏腹の、意味のある濃くて難しい話だけを淡々とされると、疲れるといったところでしょうか。
 難しく見せるより、難しいことをわかりやすく見せた方が、一般の人にも入りやすくなると思われます。

 良かったのは、私は常日頃ミステリーは読まないのですけれど(人が何の感慨もなく都合で殺されていくのや、結局最後まで明かされない謎を考えるのが嫌だったのです)、この作品ではすんなりとその思考の世界に入り込み、考えるのを楽しむことが出来ました。

 私が思っていたより貴方はずっと、才能のある、若者なのだなと知りました。

 キャラクターがとても良かったです。私はキャラクターに惚れ込む方なのですけれど、ここまで描けるのも、凄いと思います。
 研究者の佐木秀二はとても魅力的に感じました。
 天才肌で、友達を想うこんなにいい男なら、私はモテると思いますけど。彼の馬鹿らしい振る舞いも、私は好きです。
 高木や唯、研究所の面々も特徴的ですし、
 刑事の明美や矢部も、奥深い人物造形がステキです。
 秋子は魔性でしょうか。主人公は等身大で良いですね。
 彼らの軽く明るい会話は、話をのせて転がすように、私を楽しませてくれました。

 そして、仕掛けはお見事、の一言に尽きます。
 少し古いですが、映画「バックトゥザフューチャー」を見た時のような感覚がありました。
 百枚とそれ以降を前・後編とするのなら、百枚以降の方を後づけで考えたのなら凄いと思いました。
 貴方が自らの頭の良さに自信を持っていることにも頷けます。
 きらめくように飛び出す謎、謎、謎の怒涛の展開で、最後まで走り抜ける。貴方の真骨頂なのでしょうね。
 初めて見せてもらいました、これが、貴方の武器ですか。

 さて、私には一つ、貴方に明かしていない“謎”があります。
 知れば自ずとそれとわかるでしょう。

 人の前で表現するのは嫌だと、貴方は言うかもしれないけれど。
 いつもいつも、トラップを使って本心を見せようとしない貴方だから、高い壁を突き破って、こちら側に来て欲しい。

 おこがましい私見を述べることをお許しください。
 貴方の成長を心から願っています。

 貴方なら、わかってくれると信じています。
 願わくば、お返事を。お待ちしています。
                                           敬具

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これがピッツァ!

 こさっぺハウスでのゲームの集いは、人波も通り過ぎた昼下がり、急遽決定された。

 銀行は暇な時はホントに暇である。絵やストーリーばっか書いてた芸大卒の私が入れるあたり、これは公務員よりもオイシイ仕事なんではないか。
 先日の(19日のブログ参照)定期積金解約を派遣さんにしてもらった私は、隣に座るこの天然の品格ある派遣さんと、花の金曜日から今週末にかけての予定を話していた。
「この週末は何するんですか~?」
「さあ~。つわりでしんどいからなぁ。ダンナも仕事で帰って来んし」
「あたしもしんどいんですよ~。こないだの休みも寝込んじゃって」
「何もやることないな~」
 ……。
 ……。
 ホントに暇な2人。仕事ももうほとんど終わって回ってこない。
     (注:今日はこんなですが、普段はとってもしんどいです。精神疲労困憊です)

「なあ、こさっぺさん家ってゲームある?」
「エッ、PS2ならありますけど」
「どんなゲーム持ってるの!?shine
 何でも派遣さんはカンタンな対戦ゲームが大のお好みらしい。が、ダンナさんはゲームにご興味がなく、持っていない。(ので、わざわざ妹ん家まで対戦しに遊びに行くらしい)
「予定ない? 暇? 遊びに行っていい? 今日5時から」
 そう言うと妊婦で苦しいハズの派遣さんは、モテ子のMちゃん先輩や、主任クラスの元祖キレイなお姐さん系先輩も誘い出す。行く気マンマンである。
 私もまあホント、暇だったし、部屋も前回に引き続きキレイだったので、全くOKだった。

 と、派遣さんはピザをとるとゆう愉しい計画をしてくれた!
 ピザ! よくポストにチラシが入っているものの、縁がないと思い切り捨ててしまっていたあの宅配系激高ピザ!
 結局5時を超してから、派遣さんとMちゃん先輩とでウチにやって来ると、ネットでピザ屋を検索し、美味しさ情報で絞り込みを図った。

 なんとこさっぺ、友達(仲間達)と、ピザを宅配で食べるのは初めてだったのだ!
 みんなでワイワイ、飲み物やお菓子、ピザを囲みながらのパーティー。
 それもミミにチーズが入った、前から気になってたメニューを厳選したとっておきのやつだ。
 感動的な美味さだった。これがピッツァ!
 今までピザなんて1人なら冷凍の安いやつチンして十分、と思っていた。でも全然違う。
 しかも人にご馳走して貰うなんて、こんな幸せなことはない。
 みんなが家に遊びに来てくれて、楽しく喋って、食べて、手を振って帰って行くなんて。
 あたしは寂しい子供だったので。しかも1人暮らしをしてから、お母さんの作ってくれた料理や、人から施してもらった食べ物がとても有り難いものだと気づいたのだった。

 右脳系IQゲーム対戦をしていたハズが、いつの間にかフィギュアスケート観戦に変わり、Mちゃん先輩は彼氏じゃない男のコとジュエリー選びデート(え?)に行った。派遣さんと私は元から観戦好きだったフィギュア熱がヒートアップ。
 中野友加里最高!
 そんなわけで充実した週末を過ごしましたっと。

  
 これが本日のピッツァ!
_piz_pho_44ピザHット
セレクト4
 選ばれたおいしさ
アイダホスペシャル、ミートパラダイス、エビベーコン、マヨQ
              M¥2200 L¥3300
                    チーズ入りミミ、チーヂーロールで。

     
 
こっちと迷った
Mil001Dミノピザ
クワトロ・カマンベールミルフィーユ
1.シーフード・ミルフィーユ(トマトソース)
2.ガーリック2・ミルフィーユ
3.イタリアン・ミルフィーユ
                  4.カマンベール・ミルフィーユ
            M¥2540 L¥3920
                  初めてのミルフィーユなら、このクワトロ。きっと、みんな納得です。次回はコレだな。
               

| | コメント (0) | トラックバック (1)

銀行員の、お金がヤバい

 ヤバい、お金がない。

 今日は給料日でした。こさっぺは金融機関で働いているので、(正確には信用金庫職員、だけど一般向けにわかりやすく言うと銀行員)給料日は一般企業よりも早く20日である。休日の場合は前営業日、つまり19日の今日。

 お金がないのは、銀行内の金庫の中身ではなくて、(そんな1円でもなかったら支店全員帰れない) 私のお財布の中、口座の中である。ああ、どうやって生活したらいいんだろう……

 お菓子の買い食いなどもっての他、食材は安いものだけで自炊を心掛け、お昼は買わず弁当を持っていく。本は買わずに図書館生活を始める。移動はもちろん自転車。範囲は大阪市内全域にわたる。実家に帰ると交通費が高くつくので却下。美容院にも行かない。化粧品はまだ使える。服は最低限のものだけ安く買う。お金のかかる行事は避け、人と遊ぶのも上限1500円まで、地味に質素に電卓をはじいて暮らす……

 ちょっとまったまった~~っ!!

 うら若き乙女がそんなことでいいのか? せっかくの若い身空、今しかないんだから! もっと人生を楽しく生きようよ!

 そもそもなんでこんなにお金がないのか?
 思い起こすに、毎月払う定型支出がだんだん増えてる気がする……
 ケータイ代やネット代、CATV代、会社の会費や美容用品、運動の教室や地下鉄代、電気代ナドナド。
 そして今おしゃれにももっと目覚め、交友範囲を広げようとしている。否、広めたい!
 そんな中で、極めて大きな存在なのは、定期積金の3万円である。

 さて、定期積金とは、こさっぺが働いている銀行の後方事務席、その名も《定期性》の商品である。
 毎月同じ額のお金を、少額から定期として積み立てていく預金で、1つの口座の中に貯蓄していく機能がある。それなりのプラス利息がついてくる。
 みんなも出来るよ、是非やってねheart(営業)
 私がやっているのは、キャンペーン商品として出ていた期間限定・高金利のやつである。預入期間は3年。別口座から自動引き落とし。その間は解約出来ないことになっている。毎月3万で3年、100万を貯める予定だ。
 が……
 私は正直苦しい。絶対貯めるという頑なな決意も、折れてしまいそうだ。

 そこで対策を考えよう。
 まず、節約に徹する。コレだ。
 料理も自炊し、図書館に自転車で通って、痩せもしよう。うん、一石二鳥。
 だが自分を磨くことと、人との交友、ゆとりのお金はケズれない。今一番大事にしたいことだ。何よりお金で買えない経験という貴重なものが、私を待っている。そして癒しも。
 よって幸せにお金はやはり必要なのだ。
 現在の節制よりも、未来のために切り崩す、これしかない。

 さて実は、《定期性》には、定期預金、定期積金、財形などの他に、もう1つ、幻の預金商品があるのをご存じだろうか。(知らないよねフツー)
 その名も積立定期。定期積金と似てるじゃんと言われるかもしれないが、それゆえか日陰を見てきた商品なのである。
 何が違うかというと、
 定期積金は、毎月決まった額を入金して、契約満了期間まで貯めていく。(金利が良かったりする)
 積立定期は、何時でも自由な額を入金して、お金を貯めていく。(期間を決められるものもある)
 定期積金はキャンペーン商品などとしても、外回り営業の人々が販売を推奨されていて、よく出回っているのだが、積立定期の方は、獲得目標のある商品でもないので、あまり販売されず、持つお客さんも数が少ない。
 だがしかし! 定期積金は、毎月コツコツの、継続の力、がいるのだ。その点積立定期は、預けれる時に入金すればいいし、特に毎回金額も決まっていない。何時でもいくらでも入金出来る。自由度が高いのだ。通帳のお金の埋蔵量が揺れ動く私にはピッタリである。

 が、もう1つ問題がある。定期積金を解約するとなると、“承認書”なるものが必要なのだ。
 承認書とは。
 《定期性》の商品は、《当座性》(または《流動性》)とは違い、銀行から出ていかない前提で預け入れられたお金である。《当座性》の普通預金なんかは、ATMでカンタンに動かしたり引き出すことが出来るが、“定期”と付く商品にその自由度は低い。窓口行ったら出来るけど。
 定期契約期間が満期、またはもし中途で解約になろうものなら、それをお上にお許し頂く、上司の承認がいるのである。それを晴れて認められ印をもらい、解約出来る紙が承認書。金融志望のコはよく覚えておくように(志望してもやめとけと言いたい)。
 だから銀行としてはお金が外に出て行ってほしくないのだ。それを職員がもし中途で解約などしようものなら……

 いや、それは簡単にできるんだけどね。むしろ優遇されてる。行員の生活は銀行の健康管理でもあるのだ。でも承認書で解約理由見られるけど。(←これがイヤ)

 まさかお金がないです、なんて…… まあ恥を忍んでいけばヨシとして、新しく積立定期にしたとして、転勤した場合がまた問題なのである。
 元いた店舗で解約するには、勿論3時までにその支店の窓口に行かねばならない。それは不可能だから、支店間に整備された郵便で送り、やってもらうことになる。しかも承認書もいる。
 かと思いきや、何と定期商品の中でも、積立定期の解約なんかは承認書がいらないらしい! 良かった、まだ楽だ。だが役席でもない新人が転勤して、これ解約してくださいと送り付けるのもいかがなものか。

 だから、まず定期積金を即刻解約して、キャンペーン定期(金利0.6%、1年もの)に移し、残りを普通預金へ入金。積立定期を作るのは次の人事異動が終わってからにしよう。これでカンペキ、計画は休み明けすぐ、実行に移すゾ。

 でも。作るのは私では作れない。自分の商品を自分で作るのは禁止されているのだ。(犯罪防止だろうけど)
 だから、先輩に作ってもらうことになる。
 いつも隣に座っている。この支店で5年目のベテラン派遣さん。仕事がデキる、早い、そして子宝をお腹に宿していて、もうすぐ契約満了となる。定期・当座性の仕事の全てや、節約の仕方、ごはんの作り方から男の見方についてもアドバイスしてくれる。この天然なスーパー派遣さんに言われるだろう。
「えっ、こさっぺさん、解約するの!?」
 ハイ……。
 なんで? お金がなくて。
 でももうすぐ、私が印鑑を押した口座振替の依頼書が、私の所に届く。それもこの派遣さんにやってもらわねばならない。
「えっ、こさっぺさん、何か入ったの!?(お金ないのに)」
 ハイ……。
 もう恥をさらして生きていく。

 お金がないと、色々ヤバい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女の城へようこそ

 今日は友達がお家に来てくれましたん(゜∀゜*)

 てゆっても職場の先輩なんですけどね。窓口に座っているキレイな銀行のお姉さんです。
 ま、短卒のお若い方なんであたしより年は1コ下なんですけどね(羨ま…)

 彼女が職場に転勤して来てからというもの、あたしもかなり明るくなった。
 可愛らしい容姿の、中身は男らしい女のコで、なかなかウマが合う。(と、こっちは勝手に思っている) 好きな系統も似ているので、実は服も貰ったりしてる。

 凄いと思うのは、常にポジティブで行動力あり(尊敬する… あたしにはできない) 1年で7人に告白されたとゆう、なかなかの猛者である。
 そんなMちゃんにグラタンをご馳走し(人が来ると料理頑張れるんよね、ホンマ! 部屋もキレイになるし)、話したのはいかに女の子らしく生きるかとゆうこと。諸々。
 しかるに、そのライトな明るいノリがいいんだな、とわかった。様々な恋愛経験についても語ってくれた。流石モテ子!
 あと、嬉しかったのは、「(こさっぺ)はそのままでいいんよ〜」と言ってくれたこと。じぃんとした。優しいなあ。。〓
 で、その話の合間にしてることがあった。

   なんと爪磨き…!

 小さな空き時間にも、お金で汚れた指のお手入れや、ショッピングで服選びなどもしているらしい。
 思えば実家にいるお母さんも、テレビや雑談をしつつもお肌のお手入れを欠かさなかった。
 なるほど、女を磨くとはこうゆうことなんだな…と、胸苦しくも悟った。

 あたしも、このままでいい…ことはない、気がする。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨーガの心

 こさっぺはヨーガもしている。
 ヨガではなくヨーガ。

 なぜならば、スピリチュアルに秘められた夢幻の力や、高い精神性の修得、不思議な世界に興味があるから。

  ・
  ・ 
 ま、痩せるため? リラックスするため、ってのもあるけど。
 新社会人生活のストレスで太った贅肉を消し去りたい。運動も本来好きだからやりたかったし。

 毎週月曜日の夜。そのヨガ教室では、マッチョなカコイイお兄さんがいる、という訳では全然なく、優しいお母さん世代のおばちゃんたち、イヤお姉さん方がいらっしゃるのだ。
 女ばっかだし、カッコとかも気を遣わなくていいから、かな~り癒される。ゆったりとした運動に、先生の心ほぐす声。しかもヨーガをした後は、お茶をしながらみんなで雑談タイムがあり、その輪の中で私は年齢層の壁を越え、すんなり溶け込んでいる。(と思う)
 やっぱり癒しは必要だ。1個人同士として魂が触れ合うような心の交流。人の輪の繋がりの中で。

 そんな今日、私はダイエットの極意を掴んだ。
 先生が、教えてくれたのだ。お菓子などをガーッと食べてしまうのは、ストレスによる自律神経の乱れだと。
 そう、私はストレスで辛かったのだ。女性陣は細いじゃーんとか言ってくれるけど!
 1人でも解ってくれる人がいると、なんて嬉しい奇跡だと思う。自分自身を解ってくれる人間なんて世の中の1割にも満たないんだろうから。。
 そんな嬉しい言葉と共に、先生はそのメカニズムまで教えてくれた。
 食べ物をガーッと食べる時、人間は退化した、生理的欲求に走る動物なのだ。理性のない。
 そこでアジニャーチャクラを働かせる。

 説明しよう、チャクラとは・・・
 人体に存在する生体エネルギーで、体の中枢を流れる7色の光の奔流である。
 アジニャーチャクラとはその第6のチャクラで、理性をつかさどる。
 眉間に位置する第3の目。その叡智と繋がる目が開く時、青い光を放ち、世界を客観視すると共に直感を働かせる。
 というのがヨーガの教えである。非常に有り難い。
 欲望に走りそうになった時、フッと、視点を遠くに飛ばし・・・
 つまり自分の中の“神の視点”になって、上空から自分を見つめよ、とのことだ。

 そうすれば、冷静に自分の姿を知ることになる。眼下にいるのはなんて醜い白ブタなんだ! ってね。
 しかも先生は更に、お菓子と一触即発の危機に迫った場合の、究極の奥のテを教えてくれた。

 お菓子を食べたくなったら、“太陽礼拝”というヨガのポーズをしろと。
 それも毎回。誘惑が襲うごとに。
 このポーズは、一連の動作になっていて、数ある姿勢を連続してやるとかなりキツい。

 これで間違いなしsign01
 もう出来るはず! ダイエット。先生の有力な後押しがあるから。
 他人による力添えは強い。独りじゃ出来ないことも、パァンと弾けるようにスイッチが入って走り出せちゃう。だからまず1週間、お菓子を食べようとしたら太陽礼拝をして頑張るんだ。

 

 でも教室後、今日も開かれたお茶会で、私は先生にお菓子を手渡された。
 みんながお茶と話に花咲かせる中、エッ、では太陽礼拝をやらなければ・・・ と顔を覗き込むと、先生はニッコリ笑って言った。
「こ、れ、は、いいのよ」
                        ・・・・・・ヨーガの道は長く厳しい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見た目と中身

 価値観を変える時が来た。

 こさっぺは今まで悩んでいた。
   文 章 の 技 術 って ナ ニ・・・?
 と。
 あたしは今まで、文章の技術というものがわからなかったのだ。上手いって何? どれがみんなの褒め称えるやつなの?
 でも、思えば本当は、心の奥のどこかで、文章の技術の上手さ、を、わかりたくなかったのかもしれない。

 あたしはずっと、外面よりも中身が大事だと思ってきた。
 見た目よりも人間性。金よりも愛。技術よりも真理。絵柄よりもストーリー。文章教室でやった簡単な心理テストですら、“物語重視型人間”と出たほどだ。
 表面的な技巧や上手さなんて、そんなの関係ない。条件や見目、数値重視など愚の骨頂。心震わせる、熱いハートがあればいい。

 でも。
 やっぱり1つだけじゃダメだ。
 あたしは外面的なことを、世の中の金や権力に執着する卑しい風潮に怯えて、極端に嫌い過ぎていたのかもしれない。それを拒むのが美徳だと思って。在ると知っていて否定していたんだ。

 思えば仕事でもそうだった。
 小説に関係ないこんな事務的な作業ばかりして、どうだというんだろう。毎日同じ事の繰り返し、無意味なんじゃないかって。社会的な組織のしくみを知ろうと思って就職したハズなのに。

 表面だけでも、中身だけでも、完全な立体、3Dの現実じゃない。
 1つに偏るのは、片方に何らかのトラウマがあって、極度に拒絶反応してしまってるだけだ。そうすることで抗議している。心が歪んで、現実を素直に、健全に受け入れられなくなってるんだ。

 だから、技術や現実能力も、必要だと思った。
 見た目と中身、どっちも大事なんだって。
 理屈では前から知っていたけど、感情で理解った。でも、やっぱりあたしは中身の方が大事。4:6くらいで、ということにしておこう。

 今は頑張る修行の時だ。地に足つけて。夢から現実に降り立って。
 現実や、文章の技術、社会での仕事、地道な努力を続けること。
 結婚できないかもしれないから、定職に就いて経済力と安定を持っておく。結婚できるかもしれないから、料理や家事全般、経済観念を身につける。
 頑張って、頑張って、頑張って、小説の選考委員や、将来の旦那様に選ばれるような、最上級の人間になるんだ。
 自分を磨くために生まれてきたんだから。自分に能力があれば、それを社会に生かすのが使命なんだから。

 今日、大学の友達とティーをしていて、社会に出て頑張っていて偉いと言って貰えた。
 苦手なことも、根性でやり続ければ出来るようになるって。あたしは頑張ってるって、自信をくれたから。
 ありがとう、カナちゃん♥

 今日のテーマ♪↓   (青空のナミダ)なんとなく。Youtube好っきゃな~
http://www.youtube.com/watch?v=MX3_NxxpuQI&feature=related
  
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホワイトデー大漁!

 さて本日は、花も恥じらうセイント・メリー・ホワイトデーcapricornusがありました。

 何を隠そうこさっぺ、お返しを、しかもこんなに大量に貰うのは初めてかもしれない。

 今年は会社で女子全員からということで、男性職員1人1人に、チョコを手渡しました。
 すると今日、たくさんのプレゼントになって返ってきた!
 各々から届いたお菓子の包み、詰め合わせ。女子会出費の1コウン百円のチョコが、急成長して返ってきた! エビ、タイ……。 まあほら、チョコは気持ち、だからね☆ そういえば同じ支店で特別あげた同期の男のコからは返ってこなかったな。チッcancer ま、いいけど。
 しかし今まで不毛な恋愛に打ち込み、あげるだけで見返りを得なかった身としては、嬉しい出来事でした。
 ホントのお返しは貰ったこともないからな~。

 そして今日は友達とお菓子、スイ~ツの食べ放題に行って来ました!
 これまた大量、大猟、甘いもの尽くしsign03
 これをやるから太るんだよな~、と言いつつ、幸せ~cake
 自粛します。てゆうか、貰ったスイーツであと5日は充分生きられます。そうして給料日へ……

 よーし、痩せて、美しく、いい女になるぞー! オー!rock (不毛…… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挑め! モテる女のファンタスティック

 世の中にはモテる女というものがいる。

 見た目のいい女、とは別種である。

 彼女らはいたって普通に身の回りの男達からモテまくる。しかし決して自分がモテることに「うん」と言わない。(いやたまに言う人もいるけど) そうして多くの男達の求愛を受け止め、流し、軽やかに去っていくのだ。

 見た目はほんとに、関係ないという事例を、私は間近で多く見てきた。

 何という芸当だろうか。
 そんな多くの男達からの求愛を拒んで、よく無事でいられたものだ。愛と憎しみの欲望をぶつけられ、変死するのではないか。また周りの女達から嫉妬と軽蔑の眼を向けられ、社会で生きる道を無くすのではないか。ああぁ、考えるだけで恐ろしい!!
 ところが上手くやってしまうのだな。モテる女達は。
 罪悪感がないから。普通だと思ってるから。慣れてるから? 特に何も考えてないから?
 その資質については未知数である。

 まず皆を納得させる魅力が不可欠である。それは愛くるしい振舞いであったり、物凄くいい人であったり。見た目の美しさ・・・もあるけどね。
 然るに彼女らは全く遠慮することなく自らの魅力を発散しているのだと思う。そのスカッと感がむしろ気持ちいい。魅力的なカンジだ。→好きになる。という構造だろう。
 だからどことなくズルい感じもする。けれどその人の本質的な魅力には抗えない。人はそれを小悪魔と呼ぶ、こともある。残酷な天使のように。我儘で、マイペースで、自分を大切にしている?

 まて、そう考えると、女性は誰でもモテる女になれるのではないか? そう選択していないだけで。
 だってその人だけの個性的な魅力なんて、誰でもあるから。みんな持っているじゃないか。

 ここでモテる女を科学する。

 あるマンガにあったのは、
――美しく(モテて)ても、それをさらりと受け止められる強さを持つことです、
とあった。

 なるほど、誰でもそうなれるのならば、
 いっそ私もモテてみようか!

 ・・・いや、リスクが大きすぎる。恐ろしくて仕方ない。そこまでしてモテたくない。と甘んじる。この世で究極愛するたった1人だけにモテたい、というのは、我儘なのでしょうか。
 そんな雑多な事態を受け止めれる程の大きさを持つからこそ、彼女らはモテるのだろう。
 はあ、モテ・・・たくないけど、モテれる程の強さを持ちたい。。
 モテることはきっと、自由だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場という葛藤

 今日、お仕事をしている銀行にて。

 先輩達に慰められまして(´・ω・`)

 なんでも、私は今の職場というものに、自分はここにいちゃいけない人間なんじゃないかとずっと、疎外感を持っていたのです。
 あたしは変わった特性を持つ、普通じゃ生きられない人間だから、と。

 何だかんだで仕事上の問題点を挙げられても、結局諸悪の根源は、そこに行きつくのです。心弱く、ネガティヴループに陥る不安感の塊。。
 支店にいる先輩達にも、人事の女の人にも、同じように言われました。
 思い込みやって、そんな幻のちっぽけな事に悩まんと、私はできるって思えばいいねん、ここにいても、ええに決まってるやないの。
 で、思えました。

 普通に仕事していいんだshine

 奇人の私が、普通に仕事していいのかってことが、ずっと心に引っ掛かってたのです。
 大元の原凶は、就職活動時に始まってたのかもしれない。仕事しながら夢を目指す像、の認識の欠如のまま、
 私は普通の企業で事務のOLになることを選んだけど、
 事務をして銀行で働いている自分、が嫌だったのです。

 うん、でも、思い切って言うけど、

 銀行員として働きながら、作家を目指したっていいじゃない!

 普通に働いたっていいじゃないdiamond
 何か、普通に企業で働いてることに満足しちゃダメな気がして、今の自分自身を認めてあげられてなかった気がする。
 それさえできれば、新しい始まりが起きて、何だってできる気がする。もう彼氏欲しいとか、結婚できるのかとか思わない!(爆)
 周りの人がホントいい人で、かなり救われてる気がする。
 いつか恩返しが、できますように(-人-)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あなたと、合体したい」

 見ました。

 創聖のアクエリオン。
 パソコンの動画で、しかもアニメ全話。

 CMとの衝撃の出会いに始まり、あの歌がスゴイ好きです。

 ♪一万年と二千年前から愛してる~♪ って、耳に残り、しかも、

 合体したいって……まさかそんな、
 パチンコCMのオリジナル客寄せ表現だと思ってたのに、ホントにそーゆー話だもん、驚いた。

 何はともあれそのエロ面白さと、曲の良さ、に惹かれてネットでPVを見漁り、すると歌詞に意外と感じるものがあった。
 そしたら世界観とかどうゆう話なんやろう、って、気になるよね。好きなものに繋がるものは、やっぱり良いものである可能性が高いし。

 そしたらやっぱり驚いた。
 新しい! と思う。ロボットモノはあんまり見ないけど。

 3つの機体の合体。
 その時ホントに発せられる、「キモチいい~~!」 のセリフ。
 これは昔からテレビであるロボットモノで、「合体って……エロいな」 とゆー素朴な感想から生まれた発想だと思う。明らかにギャグな面白さ。
 しかもこの合体ロボ、敵と共に、戦いの動きが物凄く素早い。躍動感溢れる、獣の格闘のような敏捷さ。これは映像技術の進歩だなぁ~と思う。丁度スターウォーズのライトセイバーの戦いが、古いエピソード4より、新3部作のエピソード1のが進化してるみたいに。

 それともう1つ注目すべきは、今流行、スピリチュアルな世界観が取り込まれてること。
 あたしがやりたいと思って出来なかったこと。
 オーラ、チャクラ、プラーナやパワーストーン、天使、生まれ変わっても愛してるという輪廻転生。それらの要素を大いに取り入れて、構成している。

 この作品は、3機の合体と、スピリチュアルワールドの2つを、それこそ上手く合体させて発想を膨らませたんだと思う。第3の要素もあるかもしれないけど。

 キャラの利用や、色んな国の人種を生かした魅力作りも上手いな~と思う。薄倖のカコイイ麗花が秀逸!
 しかし最近のロボモノは、機械だけじゃなくて、人間との有機的な融合があるように感じられる。エヴァンゲリオン? やフルメタなんかも、肝になるのはそこだし。
 科学と神秘、肉体と精神? 時代が進むにつれて、機械は最先端科学だけになる、とはならないのが何とも。

 最初、
 何でこの少年少女達が集まったのか? とか、この組織はなぜ、どうやってあるのか? とか、このロボの無限に伸びる腕の構造はどうなってるのか? という辺りがナゾのまま話が進むので、このままでは深みがない、最後には明らかにされるのか? と思って見てたんだが、
 最後まで見てると、これはこれでいいんだ、って思える。
 むしろそのチャチな感じがまたいい。
 いいじゃん、夢があったって。

「あなたと合体するために、私は生まれてきた」 って思いたい。


 創聖のアクエリオンnotesオープニングミュージック↓
http://www.youtube.com/watch?v=kCT3NNvwtPg
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »